2017/07/06

北海道ツアー 2017 day1 7月5日(水)

7月5日(水)


day1

北海道ツアー 2017 day1 初日です。
この日は移動のみ。目指すは新日本海フェリー乗船場、新潟港!
小雨降る青木村を 6:00am 出発。


麻績インター~更埴JC~県境、妙高越えるときは
どしゃ降りでした。
上越JCで北陸自動車道に乗り継ぎ・・・


新潟まで来ました。ここまで3時間半。
乗船タイムは10:45amですので、だいぶ時間があります。 


新日本海フェリーを利用するのは、25年ぶり。
ニセコスカイラリーというJHFの大会に参加するため、
菅平からここ新潟港へね。


当時、菅平ソフトグライダースクール校長の、佐藤哲っちゃん、
そしてチーフイントラだった僕と、二人で乗船。
部屋はもちろん、大部屋の雑魚寝。

諸先輩達は飛行機でニセコ入りの為、その先輩達の荷物を
わんさか積んでの二人旅でした。
哲っちゃんとなに話して来たんかな???


そんな事を思い出しながらの乗船です。
今回は数年前に就航した新しいフェリー、その名も
よくよく調べたら、もう雑魚寝は無いそうです。
二段ベッド×2の4人部屋から始まり、
バストイレ付きのノーマルクラス、スイートクラスまでと、
個人やグループ、家族に対応した形となっています。

車を乗せると、2段ベッド×2の4人部屋に泊まれます。
+3千円ほどでシングルルームにアップグレード、TV付き。


車を停める場所は、この船の3Fにあたるそうです。
4Fから客室が始まり、6Fにはスイートクラス、展望露天付きの温泉、
フィットネスルームも完備されています。


トラック150台、乗用車22台との事でしたが、
平日ということもあってか、この日は8割くらいの入り。
パラグライダーパーク青木号、何故か最後尾のパーキングです。
新潟港には早く着いたのになぁ。
おかげで小樽港では30分以上待っての下船となりました。
そのくらい範疇かな・・・ねぇ。


船内に入りました。タイタニックとまでいきませんが、
なんとなく、豪華客船っぽいです。
エンジン音も小さくて気になりません。


フェリー慣れしている人がたくさんいて、そこかしこでもう、
宴会スタートしています。売店の開店前でしたから、みんな持参
してきているようです。


中央を 吹き抜けての大きな螺旋階段。
4Fにはレセプション、ゲーム&カラオケコーナー、
5Fにレストラン、予約制レストラン、そして大事なバーもあります。


小樽新潟フェア開催中!
フェリー慣れしている会員さんから、「なると屋のざんき」
ビールにやたら合うとの事で、さっそくざんぎ探し。


あっというまの出向です。お外には職員の皆さん(3人だけどね)
お見送りです。手を振ってくれています。


新潟湾内は信濃川から流れ込んでくる、泥水で茶色です。
ここ1週間降りに降ったのでね。こうなりますわな。

信濃川って日本一長い川ですが、千曲川と一緒だったていうのは、
長野に来て初めて知りました。っていうか、
青木村に越してきてからね・・・(みんな知ってた?)


船にあたる微妙な上昇風を捕まえて、カモメが羽ばたかず
飛んでついてきます。フェリーリッヂソアリングね。


新潟港は小雨降るような、曇り空。海も泥水で濁っていたのですが、
北上して行くにつれて、快晴、うみも真っ青!

波も穏やか。


こうなったら、甲板に出て海風に当たりながらビアタイム!


まずは新潟のビールね。


次は札幌クラシック!


午後7時をまわって・・・ようやく日が落ちていきました。
ビールにざんぎにと贅沢な時間を過ごしてきました。

ツアー本隊は、7月7日(金)合流です。



Googleフォトアルバム! 7月5日(水)

Facebookページ! 7月5日(水)



Paraglider park aoki パラグライダーパーク青木

二人乗りタンデムコース・体験コースにチャレンジ!

ライセンスコースにチャレンジ!
コメントを投稿