2015/09/17

Italia Paragliding Tour 2015 day3

Pieve d'Alpago     Monte Dolada vol.1


9月7日(月) day3 モンテグラッパをあとにし、向かうはAlpago(アルパゴ)
Monte Dolada(モンテ ドラダ)です。

高度差1000m、ランディングまで4kmのロングエリア。
南に開けています。テイクオフ~ランディング間の一番遠いエリアです。
ランディングは十分に広いのですが、下の景色がどこを見ても同じように

見えるので、ランディングを見失わないよう、注意が必要です。
テイクオフまでは車で30分。テイクオフはやや傾斜を伴ったつるつるとした
ドロミテ特有の岩場。テイクオフから眺めると、正面に大きなクローチェ湖。
左側から、その湖を囲むように直径15kmほどの半円状に山が続いている。



コンディションが良かったら、この尾根を攻め込むのは必須。
まずは、テイクオフ前で上げ、500mも上げると、山頂レベルに・・・。
そこから東に、切れるようなナイフリッジが続いているので伝っていきます。
牧歌的な前面の風景と違って、後方の景色は圧倒的。

ドロミテの神髄を垣間見ます。岩山がいくつもいくつも折り重なるミルフィーユ
ような絶景が・・・。もっと東に周りこんで行くと、山が大きくなり、その斜面を
使って高度を稼げば、どんどん先へ駒を進めます。それでも、

円弧状に進んでいくので、ランディングからあまり遠くならないのがGOOD
だから、精神的には、とても進みやすい。クロカンよりも周回コースや
アウト&リターンに向いたエリアです。

ここエリアの利点は、ドロミテの本懐、バルディファッサに行く前の、
慣らし的なエリアであること。2500mMAXで、そんなに高さ感もなく、
それでいて、森林限界を超えたかのような、岩場を体感できます。

3泊する、Tambre d'Alpago Vecchio Fornoです。




Alpagoアルパゴの人なつっこさが、大きな魅力のひとつなのですが、ここ
ベッキフォルノはメチャクチャ居心地良いんです。日本で言うところの、民宿。
ホテルではなく、家族経営の民宿です。

ロマーノ、トニーママ&パパの家族経営で、ママが厨房担当で、朝、昼、晩。
長男、ロマーノはバー担当。次男、トニーはサーブ係。
パパは・・・


パパは・・・???

味見担当かな???



ミシェラン、星一つのレストランも美味しいんだけど、気取らないママの
イタリア家庭料理は、パラグライダーパーク青木イタリアツアーの
一番のセールスポイントかも知れません。


Rifugio Dolada のマウロと再会。マウロ・・・昔はトムクルーズみたい
だったのに・・・いまは良い感じのイタリアン親父です。ここ山小屋で、
3月から11月まで仕事をして、冬期期間は、Bellunoベルーノで大工さんを
しているとのこと。可愛い二人の娘さんの良い親父です。




営業中だそうです。わかりやすくて良いね~


とりあえず、エリアの説明とブリーフィングが終わったところで、ランチでしょ。
前菜に自家製Speckスペックとサラミ、チーズの盛り合わせ・・・

Speck Affimicato~北イタリアのトレンティーノ・アルト・アディジェ地方を発祥
とする生ハムの一種 『スペック(Speck)』骨を抜いた豚モモ肉を塩と香辛料
に漬け込み、軽く燻製にかけた後に熟成させます。プロシュットより締まった
食感で生のまま楽しめますが、軽く炙って火を通しても美味


パスタは、郷土料理のスパゲティー・ラグー(ボロネーゼ)


フレッシュトマトのスパゲティー(フレスキ・ポモドーリ)
一番好きなマウロのスパゲティーで、ケッパーが入ってるんです。
絶品です。モルトボーノ。


こんな感じで、テイクオフ横で、しかも我々だけで貸し切ってのランチ。
ここは午後のエリアなので、安心してランチできます。
ちなみに、フライト前にイタリア人達はめっちゃ飲んでいます。

一緒に飲もうって、必ず誘われるので、注意が必要です。




・・・
ところが、風が悪くなっちゃって・・・腹ごなしに、ドロミテの入り口まで
ハイクアップしてきました。メンバーは、桜井さん、先生、Kちゃん、
井出君、じまさん、室賀さん・・・そして岸。

ドラダに14年来ていますが、初めてのハイクアップ~
上がった甲斐があって、絶景のアルパゴを眼下にすることが出来ました。
明日は、ここを飛ぶぞ~~~と、意気込んで下山。

速くタンブレに戻って、ロマーノのバーで、ビール飲まなくっちゃ。



タンブレ、Vecchio Forno のサーブ担当、次男坊のトニー・・・23才。
アントニオです。近所の子供達のまとめ役です。
トニーにも筆ペンをプレゼント・・・安斗仁雄と筆ペンで書いて上げました。








9月7日(月) day3の画像はこちらのフェイスブックページから






Paraglider park aoki パラグライダーパーク青木



二人乗りタンデムコース・体験コースにチャレンジ!



ライセンスコースにチャレンジ!
コメントを投稿