2015/09/17

Italia Paragliding Tour 2015 day4

Pieve d'Alpago     Monte Dolada vol.2


9月8日(火) day4 

Alpago(アルパゴ) Monte Dolada(モンテ ドラダ)です。
朝のメテオチェック(天気予報のチェック)では、雲底3000m
若干の寒気はあるものの、本流弱くフライト日和です。

ただし、気温減率がメチャクチャ良いので、そこそこの
コンディションも予想できます。
本流弱いとの予想ではありますが、寒気に引きずられての

北風流入のタイミング(ドラダは南に展開するエリアなので、
北風はあまり好ましくないのです。)だけ気をつければ、
Taggiの言うとおり、スーパーコンディションの予感です。


ツアー始まって4日目、残りが4日・・・折り返し地点なのですが、
ベネチアの観光や、カンピッテロ バルディファッサでの
フライトを考えると、今日、しっかり飛んでおきたい~~~


逆転層がお昼頃までテイクオフレベルだったのが、一気にブレイク。
取りこぼすことなく、全員上がっていきます。
コンディションはやっぱりバンピー(若干の荒れ模様?)

桜井さん、林さん、いけちゃん、先生、Taggiらが、500mほど上げて
ドラダ稜線に乗っていきます。
ここでの本流は、弱いようで、フライトに影響なし。


よって、井出君や室賀さん、じまさん、Kちゃんも稜線にすりかけます。
よれば言い訳ではありませんが、ここで岩盤や岩峰になれておく
必要があります。なにしろ、明日以降のドロミテ バルディファッサ

カンピッテロは、3000m以上の岩盤、岩峰でのフライトとなります。
2000m~2500mのドラダで、気持ちを整えて貰いましょう~


300m上がるまで、逆転層の影響で苦労しますが、
その上に入ってしまえば、2800mまで、エレベーターです。
問題は・・・雲ですね。


最初はこの程度の雲だったのですが、空中に出て行くと、活動が活発化。
このまま活動を強めたら、嫌だなぁ~なんて思っていたら・・・


こんな感じに山頂が隠れる程度ですみました。
パワーはそこそこありましたので、積雲の前方で、その先に進めることが
出来、先に駒を進めるのも意外と楽々。
上がってしまえば、雲の位置だけ、しっかり確認してソアリング継続です。



井出君、何度か雲に囲まれていたようですが、先生や林さん、室賀さん
桜井さん達にアドバイス貰って、雲との距離もうまくとれるようになりました。
みなさん、ありがとうございました。

一通りのソアリングを見届けて、僕もテイクオフ。




Alpago Monte Doladaは、是非とも飛んで貰いたい、飛びたいエリアです。
過去、何度も、このドラダだけでOK、他のエリア行かず終い・・・
なんて年度もあったほどです。

ドラダの前方のクローチェ湖。湖面にはカイトサーフィンの皆さんが見えます。
鱒釣りや水泳も楽しめるリゾートです。


Rifugio Doladaが山中に。ここの東側の駐車場はサーマル発生のトリガー
です。また西にまわって、Belluno(ベルーノ)側は、西日のアーベントエリア。
お昼から夕方まで目一杯楽しむことができました。


寒気の影響で、若干雲も残りましたが、久しぶりのドラダ・・・
しかも全員で2つ峠を越えたグスロン(往復40km)まで往復することが
出来ました。

予想が当たり、ドラダdayのこの日。目一杯飛んで、ドロミテを会見ることの
出来たフライト・・・飛んだ皆さん全員の笑顔が・・・夕日に映えたのでした。

ツアー引率者冥利に尽きる瞬間です。ありがとうございました。



御大 室賀さんはBGDのBaseでフライト。EN=Bのハイエンドクラス
でも、滑空性能は、L/D 10を優に超えてきます。
楽々グスロンまで行って帰ってきました。


大町スカイサポート 林さんはトリトン2で初イタリアです。
モンテグラッパに引き続き、良いフライト出来たようです。


池ちゃん、イタリアに来られて良かった~カレラ+です。
モンテグラッパでは、怖々、でもここではガッツリ食らいついての
ソアリング。おめでとうございます~~~~~~!!


桜井さんのアルピナ2です。ツアー前にチェンジした桜井さん。
乗りこなす間もなかったはずなのに、自分の機体にしていました。



この日、全員でモンテドラダ~テベロネ~グスロン(20km)のアウト&
リターン達成です。さらに桜井さん、林さん、池ちゃんはサンタ・クローチェ湖
の往復~久しぶりにドラダの女神が降臨してきてくれました。


飛び頭の井出君、モンテドラダ~テベロネ~グスロン(20km)の4往復の
80kmで5時間越えるソアリングです。いつまででも飛んでいられたのですが、
そろそろ北風の気配もあったので、

ランディングに誘導しました。フェリーチェやオルネッラも駆けつけてくれて、
日本のパイロットをビールで祝福してくれたのでした。





サポートしてくれた、Taggi(タッギ)、Felice(フェリーチェ)、Maulo(マウロ)、
Romano(ロマーノ)          



Grazie!!!



明日はベネチアだよ~

9月8日(火) day4の画像はこちらのフェイスブックページから





Paraglider park aoki パラグライダーパーク青木




二人乗りタンデムコース・体験コースにチャレンジ!




ライセンスコースにチャレンジ!
コメントを投稿