2012/12/02

2年後の冬のための・・・

本日は地元の炭焼きの会の皆様と一緒に、木こり作業。
炭焼き用の木を切るお手伝いをしつつ、我が家にある薪ストーブ用の
木を頂いてきました。

直径20cm未満の木は炭焼きの会の皆様用。
それ以上の木を、頂いてきました。
ひと冬(薪ストーブを使う時期)に使う薪の総量は約3トン。

一抱えのナラの木が15mだとしたら、3本分。
一見、伐採による環境破壊のようにも見えますが、
伐採によって森に光を与えることが出来、その分、他の木に活力も生まれます。

また、ナラなどの雑木は、切っても切ってもどんどん横から芽を出します。
自然はつながります。そして、化石燃料をつかった暖房よりも
はるかにはるかに、環境に優しいのです。








その他の画像はこちらのFacebookページから


Paraglider park aoki パラグライダーパーク青木

二人乗りタンデムコース・体験コースにチャレンジ!

ライセンスコースにチャレンジ!
コメントを投稿