2017/06/01

台湾 埔里ツアー 2017 day3

5月31日(水)

ツアー3日目 day3 5月31日(水) 
快晴です。OKOK!

入り口が電動のゲートで、日本のセコムの現地法人に
しっかり管理して貰っています。

まさにエリアの人が居ないと、テイクオフに入ることは
出来ないのです。ゲートオープンは11時。




ところが、日本人。この天気にうずうず・・・そわそわ。
11時まで待ってられん~~~~今日の送迎を呼んじゃおう!
白タクのヤンさん。登場です。
白タクっていっても、高くないよ。
同じかむしろ安いくらい。


おおっと、せっかちな我々、日本人。
受け入れ体制が整っていないエリアに、1時間前到着。
すんません~~~


エリアのスタッフさん。開店前に何をしているかというと・・・
パッセンジャーのハーネスとヘルメットの清掃です。


ハーネスは絞ったぞうきんで念入りにぬぐって。
ヘルメットは水洗いで天日干し。
すばらしい~


タンデムの予約も少なめとのこと。
平日は同じような感じですね~
では、飛ばさせていただきます。
積雲ぼこぼこの埔里。はたして、どんな感じなのか???


ハルさんMK3、先生CURE。テイクオフ。
テイクオフ前のサーマルで、一気に雲底へ。
先生はひときわたっっっっっっっかい所に行ってました。


テイクオフ後ろには、さらに美味しそうな山並みが
南北に連なっています。
本日は山に着けなくても、十分。
っていうか、山に行ったら、そっこー雲だな。


名勝地、日月旦までは20kmほど。
楽々O&R出来そうです。
 テイクオフ周辺であがったら街に出て、
そしてまたやテイクオフ。横にも縦にも大きな広がりを持つ、
すばらしいフライトエリアでした。


埔里市街地です。
ぐるっと足で回れるほど、こぢんまりとした街です。
ガイドブックには移住してきた日本人が大勢住む街って・・・
でも、一度もあったこと無し。


2時間ほどエリアを楽しんで、ハッピーランディング。
エリアのポテンシャルをしっかりと体験させて貰いました。
と同時に、コンディションがめっちゃよくなると・・・
同様にランディングがめっちゃ難しくなる。

う~~~~ん。
う~~~~ん。

難しい局面も、あるのかなぁ~


とにかく本日は大満足の1日でした。


追記
本日の夕食は・・・
埔里夜市の屋台村
台湾に来たら、夜市&屋台は外せません。
賑わっているお店に行きましょう。
ほぼ外れ無し。



本日は、1月のツアーの時、みんなと訪れた
ベトナムのお嫁さんが切り盛りする、屋台です。
といっても、もちろんベトナム料理ではなく、
台湾海鮮何でも屋さんです。


日本語は完璧に通じません。
もちろん英語もアウト。
なので、素材を指さしし、笑顔でオーダー!


この日は、空芯菜、白魚、鶏肉、たぶんウナギ。
以上の4点に生ビール注文。


屋台の後ろにこのようなテントが貼っていて、
適当に座ります。
イスなんかも自分で用意します。

料理以外の全てをセルフでやるシステムで、ある意味、
人件費、固定費の削減なのかなって、すすんでるなぁ。
埔里夜市。


久しぶりに飲む生ビール。
埔里では生ビールを出すお店が少なく、
この屋台で初めてお目にかかりました。


テントの周りには様々な屋台があります。
小籠包を忙しく運ぶお姉さん。
このベトナムママの屋台と小籠包屋さんが、忙しさ1、2位かな~


小籠包でなく、蒸し餃子なのかな?
絶対旨いよ。
食べときゃよかったなぁ・・・


大王だもん。
蒸し餃子の大王を名乗るくらいだからね。
味自慢間違いなし!
餃子の王将とかぶるよね~???


牛肉と一緒に炒めた空芯菜!旨い!
初めて食べた。


ウナギ(たぶん)とネギのピリ辛炒め。
もちろん、旨い!


鶏肉と台湾のフレーバーたっぷりする香草(なんて言ったっけ?)
のピリ辛炒め。やっぱ、ベトナムのママだから、ピリ辛なんかな?
足の先まであって、これは無理だった~
ハルさんも先生も見向きもしなかったなぁ。


白魚のフライ。安心できるおいしさです。
以上4品にビール4杯、コーラでお一人様500円。
ごちそうさまでした~


厨房は露天。
テイクオフとのお客様もガンガン来ます。
熱気むんむんの夜市屋台なのでした。


お隣の皆さん。
日本語と中国語・・・言葉は通じませんでしたが、
コミュニケーションはバッチリ!
何となく会話が成立です。

最後は笑顔でチーズでした。

しかし・・・
みんなスレンダーなのは、
この台湾料理に秘密があるんかなぁ?






Paraglider park aoki パラグライダーパーク青木

二人乗りタンデムコース・体験コースにチャレンジ!

ライセンスコースにチャレンジ!
コメントを投稿